サボテンの華

  • Echinocereus viereckii ssp.morricalii
    サボテンの花や棘などの写真集です。 異空間の魅力を覗いてみました。 どうぞ。

サボテンと生き物

  • 蟻とタヨペンシスの花
    サボテンや多肉植物に集まってきた昆虫などの写真です。 小さなフレームですが、色々な生き物と遭遇しました。

白馬城にイトトンボ♪

今日も猛暑日。玄関先で日をたっぷり浴びているパキポの白馬城の葉に、イトトンボが休んでいました。

2008cocolog_20200805193101

多分、クロイトトンボの雌。 ぐ~っと近寄っても動きません。

先日のロビビアと麦わらトンボと同様、大変珍しい光景が撮れました!

2008cocolog_20200805193102

ところで、このショットは、早々と出てきた白馬城の蕾と一緒♪

(鳥の糞がジャマ)

以上

今年の蕾は、早いな~と偶々見に行って、出会った瞬間でした。

*画像はクリックすると拡大します。

☀ ご訪問、どうもありがとうございました😃

にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ
にほんブログ村へ

恵比寿笑いの抜け殻

今日も豪雨、屋根下に取り込んでいるパキポ恵比寿笑いの姿ニ題です。

若苗(2017年実生)の葉は、細長く伸びる以外に、幅広タイプも出現しました。

日照不足ゆえ、薄緑ですが、このまま大葉で固定すれば見ごたえあり。

2007_20200726190201

次はまずい例。

古株の下部から、枝の抜け殻見つけてしまいました!

2007-cocolog_20200726190301

日当たり悪い最下部ゆえ腐った!・・・5月の植替えでは何事もなかったが、もっと浅植えすべきだった?

2007cocolog_20200726190201

ジクジクしてないので、自然と腐りは止まったかも・・・晴れた日に点検したい(矢印部分)

ということで

セミの抜け殻たくさん見かけるけど、恵比寿の抜け殻は初見です。

☔ご訪問、どうもありがとうございました😃

にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ
にほんブログ村へ

恵比寿笑いの”ど根性苗”

今日は多肉にとっては恵みの太陽であったが、午後突然の雷雨。

リトープスの雨滴を吸い取り後、恵比寿の笑いの鉢を見ると・・・カタバミかスミレの雑草!

2007_20200720194001

摘まんでみたらプチッ・・・あれ? 茎が肥大している!

なんと一月前、鞘を覆ったネットから、こぼれた種子! そのまま発芽ということ。

この親株(左下)は秋口に植替え予定ゆえ、この際、実生鉢の空きスペースへ

2007_20200720194101

双葉の同じ種子に比べ、細長く小さい・・・これからです(右上二苗)。

ということで

そんなに水やりしていなかったのに発芽し育った!自家採種種子の土根性でした。

* 画像はクリックで拡大します。

☀ご訪問、どうもありがとうございました😃

にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ
にほんブログ村へ

グラキリスの実生 1年目

パキポのグラキリスの実生を始めてから丸1年経ちました。

まだ鉛筆程度の太さの幼苗、脇芽は1本あたり2~6個も。

20071_20200719170701

本やヤフオクにあるような壺型に、普通になれるかと・・・早とちりだった。

多様なフォルムがあるそうだから、将来どんな姿になるか?・・・わかりません。

それが実生の楽しみ・・・長丁場になるだろうな

* 画像はクリックで拡大します。

☀ご訪問、どうもありがとうございました😃

にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ
にほんブログ村へ

葉を長くして待っていた!恵比寿笑い

きょうは久しぶりに日が射し、急いで避難中の多肉にタップリ日を当てました。

2007_20200712213501

その際、恵比寿笑い小苗達の葉が、細長く伸びていたのに初めて気が付いた!

生長期の日照不足です! 

2007_20200712212001

葉っぱだけだと思いますが・・・梅雨明けニュースが待ち遠しいです。

* 画像はクリックで拡大します。

☁☀ ご訪問、どうもありがとうございました😃

にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ
にほんブログ村へ

パキポ エニグマチカムの実生 発芽1週目

新種のパキポディウム エニグマチカムPachipodium enigmaticumの実生を始めて1週目。

2007wcocolog_20200710185901

順調に発芽中ですが(現在8/10粒)、雨が続いている関係(太陽が出ない)でひょろ長くなっています。

なお、種子は、あらかじめ殺菌剤入り水溶液で吸水させてから、へそhilum部分(根が出る所)を用土に挿しています。

20073wcocolog

コチラは先月中旬実生した恵比寿笑い。小さな本葉が見え出してきました(^▽^)/

以上

純真無垢?活き活きとしたパキポ幼苗の姿でした。

* 画像はクリックで拡大します。

☔ ご訪問、どうもありがとうございました😃

にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ
にほんブログ村へ

恵比寿笑いが変! 急遽植え替えた

現在のパキポディウムの恵比寿笑いは、艶々した新葉を元気に伸ばしているのが殆どですが、今回は緊急事態報告。

20073

この苗の葉が黄色くなっており、新芽が生長していません!・・・用土の乾燥が遅く、なんとキノコ!(手前白いやつ)

今年蕾も途中で萎れてしまって、要経過観察状態でした・・・直ぐ植替えしなければ! 

やはり新根が少なく、昨年の用土、粒状培養土入りが合わなかったようだ。

2007_20200707214401

点検していると・・・土と接している茎のところから細根が伸びていた(白丸印)・・・そんな軟な苗ではないな~と少しホッとした。

8月になれば、新葉、期待してます。

なにしろ、この苗は9年前の6月27日、親株の初花を自家受粉して得た種子由来。全快まで頑張ります。

* 画像はクリックで拡大します。

☁ご訪問、どうもありがとうございました😃

にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ
にほんブログ村へ

エニグマチカムを実生した

パキポディウム エニグマチカムPachypodium enigmaticumの種子をオークションサイトから購入し、実生を開始しました。

まず、乾燥しているので、濡れたティシュで一晩吸水処理(糸状菌対策を兼ねて抗菌剤含有)しています。

なお、複数のサイトから購入し、保険を掛けた。

2007enigmaticum

数年後、上手くすれば径6センチほどの大輪花が咲くはず・・・

それと、二週前に播いた恵比寿笑いは、順調に発芽し、小さな双葉を広げています。

2007wcocolog

以上

二年前、”Pachypodium in Madagascar"でPetr Pavelkaのエニグマチカム紹介写真・記事を読んで知り・・・昨年、現産地球の国内サイト出品を眺め、・・・今期になって種子が出回り落札・・・こんなに早く自ら実生できるとは・・・と感激。

* リンク先は、関連する記事になります。

* 画像はクリックで拡大します。

☁ ご訪問、どうもありがとうございました😃

にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ
にほんブログ村へ

ロスラーツム、トゲのここから新芽

昨年2月に幹が腐ってしまったパキポのロスラーツムのその後です。

昨年8月には欠損した主枝部分から新芽発生、そして現在の姿は・・・

2007_20200702204601

新芽が二つ、トゲの間から発生! (左側は昨年の新芽)

ロスラーツムの1対の棘列は見事だな~と思っていましたが、ここから芽が出るとは!

それで、新葉はどこから?・・・刺の間、少し下だった。

この新芽は?・・・刺の間、少し上!・・・なんか割り切れないな~

ともあれ、

非正常な状態で初めて分かった、トゲ部分の隠れた機能でした。

<追記> サウンデルシーやサキュレンタムで確認すると、葉の上に芽(当然)。ガッテンしました。

* リンク先は、関連する記事になります。

* 画像はクリックで拡大します。

☀ ご訪問、どうもありがとうございました😃

にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ
にほんブログ村へ

 

恵比寿笑いの採種と配布(幻玉も)案内です

パキポディウム恵比寿笑いの鞘が弾けて、ネットは綿毛が充満していました。

羽があるので、均等に分散してキラキラ。

2006_20200617183401

およそ90粒、 昨日二株の実生を済ませていたので、これも?

というわけで、種子の無料提供したいと思います。

①パキポディウム 恵比寿笑い種子(一人10粒ほど)

国産栽培場由来種子の、実生4年(2016年)の径7センチ、高さ4センチほどに育った優良株由来。自然交配種子。

2006_20200617183402

② この機会に、ディンテランタス 幻玉(Dinterantus wilmotianus)の種子も希望者に配布したい(一人2,30粒か?)。

MESA由来実生苗同士での交配種子。

2003-cocolog_20200617183201

*記事下段のコメント欄に、住所、氏名、希望種子記載の上、送信してください(秘密厳守します)。

返礼など必要ありませんので、お気軽に!・・・・・申し訳ありませんが、応募締め切りとなりました。幻玉は初秋に再開する予定です。

* 画像はクリックで拡大します。

☀ ご訪問、どうもありがとうございました😃

にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ
にほんブログ村へ

 

より以前の記事一覧

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

サボテンの切手帳

  • Melocactus macracanthus
    サボテン切手の一覧です。No reproduction or republication without written permission.

多肉植物の切手帳

  • Adansonia digitata 2000
    多肉植物切手の一覧です。No reproduction or republication without written permission.
無料ブログはココログ